2004年10月27日

人生一路…ってのは・・・、イヤ、本当に難しいよな 

掲示板の方にこのような話題がありました。

まぁ、社会人リーダーと呼ばれる人たちには、
リーダー活動を続ける限りつきまとうのがこの問題なわけですが、
私自身もこれまでに通ってきた道ですし、(むしろ今も通ってますが)
これについては、正直いろいろ悩んだこともありました。


今は幸運にも週末がお休みの職場にいるので、
そういう意味では恵まれた環境で活動させてもらってますが、
そうでない職場で仕事した経験もありますし、
そうなれば、リーダー活動の時間も当然制限されてしまいます。

特に、私がネットに出入りするようになる直前の3年ほどは、
休日どころか満足に家に帰れないほどの厳しい職場でしたが、
タマにいただける休日を、活動のある日になんとか都合してもらって、
それで参加していたこともあります。
それでも活動の全部に参加できるわけではないのですが、
そのときに思ったことは、
活動に出れなくなったときの、活動との向き合い方の大切さです。
むしろ活動から少し距離のある場所に立ってみて、
初めて気づくことが山ほどあるのですよ。
それを自分が参加したときにどう活かせばよいのかを、
自分なりにまとめておくことが出来れば、
それは自分にも、仲間たちにもとても貴重な財産になるはずです。
そしてそれが、社会人になってもなお活動することの価値にもなっていく・・・
と考えるのは、はたして私だけでしょうか?

厳しい言い方かも知れませんが、
いつまでも高校生の頃と同じ感覚や価値観で活動は出来ません。
また「仕事」を抱えながら活動も続けることには、
どんな仕事であれ、それなりの「リスク」も抱えねばなりません。

でも、それをハネのけるだけの魅力がこの活動にはあるから、
少なくとも私はこの年令までリーダーやこども会にかかわっているわけです。

いちばん大事なこと、
それは「好きだからやってるんだ!」ってことなんですよ。


(第3の男・ぽんてぃ)



posted by 青年リーダー at 02:20| Comment(1) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ拝見しました。
太字のコメント、僕も同感です。
外から活動を見ると、今まで気付いていない事の多さに気付かされます。
JLを卒業してSLに入った後輩がたくさんいますが、みんな口々にそう言っています。
今でも十分魅力あるJL活動だけど、ますます魅力のある活動にしていこうと思っていますよ。
Posted by せっぺOB at 2004年10月27日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

どうやら
Excerpt: ここのBlogを作った人から、 「参加してもいいよん」というお許しのメールが届いたので、 さっそく投稿してみますた。 もちろん、ここでは里田新聞編集部とも名乗れないので、 ちゃんと別のHNでこれからも..
Weblog: 里田新聞
Tracked: 2004-10-27 03:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。