2005年01月25日

全子連、XOOPSを利用した『子ども会サポーターズ・フォーラム』を開設

社団法人全国子ども会連合会(全子連)は1月25日、子ども会のコミュニティサイトとして『子ども会サポーターズ・フォーラム』を開設し、公開した。
全子連ウェブサイト内に育成者・指導者向けとして既に開設されている『全国子ども会育成中央会議掲示板』内にて、管理人氏の書込みにて発表されたもの。

同サイトは、コミュニティサイト構築用ソフトであるXOOPSにて構築されている。
XOOPSの最も特徴的な機能であるユーザー登録・管理機能とフォーラム機能が利用されており、既設の掲示板に変わる新たな子ども会育成者・指導者向けの意見・情報交換場所として、活発な利用がなされることが期待される。

同サイト内のニュースフォーラムにて、管理人氏は
子ども会を支え、推進する育成者・サポーターのコミュニティーサイト、「子ども会サポータズ・フォーラム」がスタートします。
まずは、2月10日より三重県で開催の第38回全国子ども会育成中央会議・研究大会フォーラムのテーマを取り上げて進めて行きたいと思います。
子ども会関係者はもとより、多くの方々の参加をお願いします。
と述べており、来る2月10日に三重県鳥羽市にて開催される子ども会育成中央会議で、同氏がコーディネーターをつとめるプログラム(2月11日午前中)にて同サイトのテーマを取り上げるとともに、参加者である全国の育成者・指導者へ同サイトの活用をアピールするものとみられる。


XOOPSは最近、ウェブ技術者の間で、その豊富な機能と無料で配布されている手軽さで話題を呼んでおり、個人レベルのサイトのみならず、大手の企業や法人・団体のウェブサイトでも導入するケースが増えつつあり、全子連もそうした潮流に乗った格好となる。
将来的には全子連ウェブサイトのほぼ全てをXOOPSを使用して構築することも技術的には可能であるとみられるが、今後、全子連がXOOPSをどう活用していくか、一足早くXOOPSの利用を開始した青年リーダーNETともども、注目される。
また、全子連サイト内にジュニアリーダー向けとして設置されている掲示板『HIMAWARI-BATAKE』に1月12日、同氏が年頭のあいさつを交えて書き込んだ内容によると、
当サイト、今年は、地域の子ども会を支えるジュニアリーダーをサポートすることを意識したサイトにできればと考えています。
是非、今までにも増して皆さんの知恵を寄せて下さいね。
とあり、こちらも例年7月末に静岡県御殿場市にて開催される子ども会中央大会に向けて、今後どのようになっていくのか、楽しみだ。


※ XOOPSとは
一般的には「ズープス」と読む。
PHP言語を用いたコミュニティサイト構築用ソフトで、PHP/mySQLがセットアップされている環境上で比較的容易にニュース・コミュニティサイトが構築できる。
フォーラムと呼ばれる掲示板機能と、IDとパスワードでログインするユーザー管理機能が大きな特徴で、個々のユーザーの固有の権限をもたせることにより、閲覧・書込できるコンテンツをそれぞれ設定することが可能。
サイト自体の構築自体もウェブブラウザを使用してXOOPSにログインすることによって行う。


【関連サイト】
子ども会サポーターズ・フォーラム

社団法人全国子ども会連合会
 全国子ども会育成中央会議掲示板
 HIMAWARI-BATAKE

XOOPS日本公式サイト
青年リーダーNET-XOOPS
立川リーダーインフォメーション(追記:はぢめ)
(あにぃ)


posted by 青年リーダー at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

RSS
Excerpt: 青年リーダーNET-Wiki 『キャッチボール』Blog化 子ども会のウェブサイトの存在意義 テレビ見ながら、ブログも人気 全子連、XOOPSを利用した『子ども会サポーターズ・フォーラム』を開設 子..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.2
Tracked: 2005-06-08 01:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。